短足マンチカン、るるである。

アラフォー夫婦2人と猫1匹、はじめての猫暮らし。

ヒルズのサイエンスダイエットプロのサンプルレビュー。(+無印の低糖ドーナツ)

無印良品の低糖ドーナツとヒルズのフード

週末の親知らず治療のあと、最寄りのショッピングモールに立ち寄った飼い主じゃん。

その際、いつものペット用品店でキャットフードのサンプルをいただきました。

それがこちら。

ヒルズのフードサンプル

ヒルズの「サイエンスダイエットプロ」です。

わがやであげているロイヤルカナンと同様に、ヒルズもエビデンスがしっかりあるという信頼性の高さから動物病院でよくおすすめされるフードだと聞きます。

今のところはフードの買い替えを検討していませんが、ヒルズ、気になります。

ということで、サンプルを試してみます。

カロリーを比べてみると、
ロイカナ(ニュータードケア)は335kcal/100g

ヒルズ(サイエンスダイエットプロ去勢用)は341kcal/100g

ヒルズの方がカロリーが高いですが、それでも他のフードに比べるとやはり低いですね。(以前あげていたニュートロの成猫用のカリカリは約370-380kcal/100g)

るるちゃんは去勢手術後の体重増加によるダイエット中のため、助かります。

ヒルズとロイカナのフード比較

次に、カリカリの粒の違いを見てみます。

なんだかロイカナと似ているな。
ヒルズの方がやや丸い形をしています。

持った感じも両方とも軽めで似ていました。

ちなみに、原材料は以下のとおり。

ロイカナ(ニュータードケア)

肉類(鶏、七面鳥)、コーン、植物性繊維、小麦、コーングルテン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、チコリー、魚油、サイリウム、マリーゴールドエキス (ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

ヒルズ(サイエンスダイエットプロ去勢用)

米、コーングルテン、チキン、小麦グルテン、セルロース、トマト、ビートパルプ、亜麻仁、動物性油脂、チキンエキス、ココナッツ油、ニンジン、小麦、オート麦ファイバー、リンゴ、ブロッコリー、クランベリー、エンドウマメ、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン

「主原料である高品質なチキンの正肉に加えて、フルーツや野菜などの天然素材で仕上げました。最適な栄養バランスのおいしい食事で、愛猫の活力あふれる毎日を実現します。」

と、ヒルズの公式サイトに書いてあるとおり、ヒルズはロイカナに比べて野菜や果物が多く入っていますね。

しかし野菜や果物の香りは特に感じませんでした。

ヒルズとロイカナのミックスしたご飯とるるちゃん2

ということで、いつものロイカナと混ぜてるるちゃんに与えてみたところ、いつもと変わらずいい食いっぷり!

ロイカナとカロリーや粒の大きさも似ているので、食べやすいのかもしれませんね。

そんなわけで、ひとまず数回に分けてヒルズのサンプルをあげていこうと思います。

こうしてサンプルがあると少しずつ試すことができて助かりますよね。

無印良品の低糖ドーナツ

最後に、ついでに買ってきた自分用の無印良品のチョコドーナツをご紹介。

最近、無印良品には糖質10g以下のおやつやパンを見つけました。

こちらのドーナツは糖質7.9gなので、およそ砂糖大さじ1杯弱。

食べてみると、ややビターな味がわたし好みでおいしかったです。

肉体改造中のわたしには徐々に間食をとらない習慣が根付いてきましたが、もしも甘いものを食べたくて我慢できなくなったときにはこういった低糖質のおやつがあると心強いですね。

以上、るるちゃんと一緒にダイエット中の飼い主じゃんなのでした。

【猫学】猫に安心な消毒スプレーとは?わがやではジアエストとJOANを使っています。

除菌スプレーとるるちゃん
猫に関する病気、お悩みを取り上げて
わがやの実体験をシェアしていく企画、【猫学】。

今週の猫学のお題は、「猫の消毒スプレー」について。

みなさまのお宅では、消毒スプレーはどんな成分のものを使っていますでしょうか?

わたしたちは、るるちゃんと暮らす前はアルコール消毒を使っていましたが、今ではノンアルコールの消毒に変えました。

その理由や、今使っている消毒スプレーについてシェアしたいと思います。

1. 猫にアルコール消毒は危険?

手軽に使えて効果も高いため、アルコール消毒を使っている方も多いのではないでしょうか?

実は、猫はアルコールを分解することができないため、摂取量によっては中毒に陥ってしまうそうです。

少量であっても、わたしたち人間より何倍も小さな体の猫には影響があるのではと気になりますよね。

では、どんな成分の消毒を使うのが猫にとって良いのでしょうか?

わがやで使っている消毒を2つご紹介していきます。

2. 次亜塩素酸水の「ジアエスト」

まず一つ目は、次亜塩素酸水の「ジアエスト」です。

次亜塩素酸水は、猫の感染症のウィルスや菌への除菌効果が高く、弱酸性で除菌後は水に戻るというところが安心で使っています。

以前はアルコール消毒を使っていたわたしたちですが、わたしがボランティア参加している保護猫シェルターで次亜塩素酸水を使っているのを知り、わがやにも取り入れることにしました。

今では、るるちゃんの身の回りの消毒(ケージ、床、トイレなど)はジアエストを使っています。

3. 発酵乳酸の「JOAN」

もう一つは、花王の「JOAN」。
JOANは、発酵乳酸という抗菌成分が配合されたノンアルコール消毒商品です。

わたしたちが使うテーブルやキッチンなどの消毒にJOANを使っています。

るるちゃんへの感染症予防のためにジアエストわたしたち用に猫にも安心なJOAN、という使い分けです。

ちなみに、アルコール消毒を全く使っていないわけではありません。

パストリーゼ(食品にも使える消毒剤)を換気しながらるるちゃんがいない時に使ったり、扉を閉めて使ったりしています。

調べてみたところ、パストリーゼの公式サイトではペット用品への使用例もありますが、わがやでは念の為にるるちゃん用品には使っていません。

以上、本日は猫の消毒スプレーについてシェアさせていただきました。

特に猫暮らしビギナーの方は、これまで使っていたアルコール消毒を使用されることが多いのではないかなと思いましたので、本日の記事が少しでも参考になりましたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

バレンタインデーは大好きなあの子に焼きカツオを。

バレンタインデーのるるちゃん

今日は年に一度のバレンタインデー。

愛猫がいるとイベントが楽しいですね。
しばらく前からバレンタインデーが楽しみで、るるちゃんへのプレゼントを用意してまちわびていました。

るるちゃんの喜ぶ顔が見たい!
ということで、今年のバレンタインデーは、るるちゃん大好き焼きカツオをプレゼント。

焼きカツオにすりすりするるるちゃん

ダイエット中のるるちゃんには、いなばの焼きカツオを朝ご飯タイムと夕ご飯タイムに半分ずつ分けてあげます。

るるちゃん待ち切れず袋にすりすりw
今ほぐしてあげるからちょっと待ってね。

焼きカツオを眺めるるるちゃん1
焼きカツオを眺めるるるちゃん2

細かくほぐしてあげました。

記念撮影をしていると早くしろとにゃーにゃー言われちゃいましたw

はいはい、今あげますからね。

元気に焼きカツオを食べるるるちゃん1
元気に焼きカツオを食べるるるちゃん2

さあ召し上がれ。
今回も元気に食べてくれました。

普段は爪切りのお供のちゅーるしかおやつは与えていないため、たまにあげる焼きカツオは特別な時だけ。

…と言いながらも、毎月何かしらのイベントがあって最近よく焼きカツオをあげているような気もしますw(来月はホワイトデーか…)

るるちゃんにとっては、バレンタインもお誕生日も普段の毎日と同じだとは思いますが、時々訪れるスペシャルなご飯やおやつを楽しんでもらえていたらいいなあと思う、飼い主のじゃんなのでした。

©︎短足マンチカン、るるである。All Rights Reserved.