短足マンチカン、るるである。

アラフォー夫婦2人と猫1匹、はじめての猫暮らし。

ご飯のおねだりがすごい朝。

炊飯器コーナーから見つめるるるちゃん
生後約半年の去勢手術後、体重が増加してしまったるるちゃん。

新型コロナウィルス流行による在宅勤務続きで、同じく体重が増加してしまった飼い主じゃん。

現在ふたりで頑張ってダイエット継続中です!

るるちゃんはその後のフードの種類や量の見直しにより、4ヶ月で200g減量し、3.7kg→3.5kgまで落ちました。

が、そこから体重が落ちず停滞期が続いています。

獣医さんからは「るるちゃんのサイズなら約3.2-3.3kgが適正」と言われているので、あと200gくらい落としたいところではあるのですが…

ご飯の棚の前でおねだりするるるちゃん1

るるちゃんのご飯を収納している棚の前で、強い視線を感じます。

ちなみに、ご飯はさきほどあげたばかりです。

ご飯の棚の前でおねだりするるるちゃん2

可愛い声で「ごにゃーん!(ごはーん)」と鳴いてご飯をおねだり。

おじいちゃん、ご飯はさっき食べましたよ!(まだ2歳です)

ご飯の棚の前でおねだりするるるちゃん3

体を伸ばしてさらにアピール。

すごく可愛いです。でもご飯はあげられないよ!

そんなるるちゃんをスルーして、わたしはるるちゃんが食べ終わった食器を洗います。

食器をふくためのキッチンペーパーをとろうと、キッチンペーパーが収納されている棚を開けると…

トースターのコーナーから見つめるるるちゃん1

棚の中に入っていくるるちゃん。

ここはるるちゃんのご飯が入っている棚とは違う場所です。

そこにはご飯はありませんよ!

トースターのコーナーから見つめるるるちゃん3

うわ…めっちゃ可愛い…
キラキラなお目々でこちらを見つめています。

が、ご飯はあげませんから!

るるちゃんの食器の片付けが終わり、わたしたちのご飯の準備をします。

炊飯器に近づくと…

炊飯器コーナーから見つめるるるちゃん

今度は炊飯器のあるキッチンボードから見つめるるるちゃん…

すごく可愛い!でも!ご飯はあげませんよ!!

こんな感じで常にご飯のおねだりを続けてくる食いしん坊なるるちゃんと、るるちゃんの可愛さに負けないよう心を超鬼にしている飼い主のじゃんなのでした。(大変だ…汗)

ちなみに、先日の猫壱フードボウルを割ってしまってから、るるちゃんは破片を飲み込んでいなかったのか、特に体調不良などは見られませんでした。良かった^^

テレワーク開始から約一年。最新のネコハラはこんな感じ。

ごろごろするるるちゃん1

週末に親知らずを抜歯した飼い主じゃん。

そろそろ血餅(抜いたところにできる血の塊)も安定してきました。

当然抜いたところがジンジン痛みましたが、
それよりも、治療の際に口をめいいっぱい広げることによって切れてしまった口の端が痛くて、口を広げられないのが辛かったです><

徐々に口の端の傷も治ってきて、今は普通のご飯を食べられるようになってきました。

ご飯を食べられるって、素晴らしい。
食べる喜びを感じています。

さて、最近の在宅勤務中のるるちゃんについてお話していきたいと思います。

パソコンの上にあごをおくるるちゃん

昨年は仕事中にるるちゃんがキーボードの上に乗ってきて、テレビ会議中に勝手にマイクのミュートを解除されたり、プリンタを起動されたりしましたが、今は少し落ち着いてきました。

るるちゃんも毎日わたしたちが家にいることが当たり前になったのかもしれませんね。(夫婦そろってテレワークです)

では、現在の仕事中のるるちゃんの様子はどんな感じかというと…

ごろごろするるるちゃん2

こんな感じですw

基本的にはお昼寝している時間が長いのですが、たまに起きてきて「にゃーん」とこちらに向かって話しかけてカーペットにゴロゴロとします。

こういうときはだいたいアゴをなでてほしいときなんです。

るるちゃんの可愛さに誘われて近づくと…

ごろごろするるるちゃん3

このようにアゴをあげて待ちの姿勢にw

可愛い声で「にゃーん」と呼ばれたらこの光景ですよ?

逆らうことなどできますまい…^^

最近のるるちゃんのネコハラは、(可愛すぎて)一段と飼い主を困らせるのです。飼い主のじゃんなのでした。 

さようなら猫壱フードボウル…猫がいる家で食器が割れたときの対処法

お食事中のるるちゃん

みなさまは愛猫さんのご飯を入れる食器はどんなものを使っていますか?

わがやで愛用しているのは、猫壱フードボウルです。

犬派だった夫ののの心を動かしたHIKAKINさんの愛猫まるおともふこ。

HIKAKINさんの動画で猫壱フードボウルのことを知って購入しました。

食器に高さがあるので猫にとって負担が少なく、また陶器製なところも清潔に保ちやすく非常に気に入っています。

るるちゃんを迎え入れるときに購入しましたので、使い始めてもう2年目です。

割れた食器1

そんなるるちゃん御用達の猫壱フードボウル。
なんと、昨日落ちて割れちゃいました…涙

なぜこうなったのかと言いますと。

棚に収納している食器

るるちゃんのご飯を収納している棚。
ここにフードボウルも一緒に収納していました。

以前ブログで書いたように、るるちゃんはこの棚に頭を突っ込んでウェットフードの袋をかじって開けてしまったことがあります。

もちろん普段は棚をしめていますが、この棚に収納している他のもの(消毒スプレー、薬類など)を取るためにわたしたちが棚を開くと、るるちゃんがやってきて頭を突っ込むこともしばしば。

この日も、夫が棚を開けた隙にるるちゃんが棚を物色しているのには気づいていましたが、いつも少しすると諦めて棚から離れるのでそのままにしていました。

そうしたところ、棚の端に置いてあった食器をるるちゃんが倒して床に落ちて割ってしまったというわけです…

ここからは、同様の状況に遭遇してしまった愛猫家の方のために、今回わたしたちが行った対処法について記載していきます。

1. 愛猫をケージへ避難させる

ケージに隔離中のるるちゃん1

まずは、安全に片付けるためにるるちゃんをケージへ避難させました。

ご飯の時間が近かったこともあり、ここから出せと猛抗議のるるちゃん!

ごめんね、もう少し待っておくれ><

2. 周辺を掃き、割れた破片を集める

割れた食器2

次に、チラシに割れた食器を集めていきます。

床に落ちたので破片の多くは床にありましたが、結構上の家具(キッチンボードなど)にも食器の破片が飛んでいました。

気をつけるのは床だけで十分かと思いましたが、意外と上まで飛ぶんですね。

ということで、棚があるキッチン周辺はゴミ箱やキッチンボードの上なども布巾で掃き、床に掃除機をかけました。

ケージに隔離中のるるちゃん2

掃除の間、るるちゃんはずっとにゃーにゃーと鳴いていました。

ごめんねるるちゃん。ご飯にしましょう!

猫壱のフードボウル

実は、割ってしまったMサイズ(今はレギュラーサイズというっぽい)のほかに、わがやにはLサイズ(今はラージサイズ)もありますので、Lサイズでご飯を食べてもらいました。

Lサイズの方が食器の高さがあり、短足なるるちゃんにとってはMサイズの方が食べやすそうでしたのでこれまではMサイズをメインで使っていたのです。

しかし、Lサイズでも食べられないわけではないので、しばらくLサイズを使って様子を見て新しくMサイズを購入するか決めたいと思います。

これで一安心…と思いきや。

るるちゃんがご飯を食べ終わったあとに、ふとこんな疑問が浮かびました。

3. 愛猫の体に破片がついていないかチェック

そういえば、るるちゃんが食器を倒して割れてしまったということは、
るるちゃんは至近距離で食器の破片を浴びてしまっていて、体に食器の破片がついてしまっているのでは?と。

心配になり、同じような状況での対処法をネットで調べてみたところ、

「優しくブラッシングして、ブラッシングした後の床を片付けてあげれば良いのでは?」というアドバイスを見つけ、後ほどブラッシングをしました。

4. 愛猫が破片を飲み込んでいないかチェック

最後に、念の為毎日の歯磨きの際に口の中をチェックし、口の中が切れたりしていないか確認しました。

特に傷などはありませんでしたが、すでに小さな破片を飲み込んでしまっている可能性もありますので、数日はるるちゃんの様子をよく見て、場合によってはすぐに病院へ行けるように準備をしておきます。

以上、わたしが食器を割ってしまったときにした対処法は、以下の4つです。

  1. 愛猫をケージに避難させる
  2. 周辺を掃き、割れた破片を集める
  3. 愛猫の体に破片がついていないかチェック
  4. 愛猫が食器の破片を飲み込んでいないかチェック

本来ならるるちゃんをケージに避難させる前に3,4をした方がより良かったのかもしれません。

しかし、今回はるるちゃんが食器が割れた場所のすぐ近くにいて、破片を踏みそうだったこともあり、まずはケージへの避難を優先しました。

大きな破片を踏んでケガをしたり飲み込んでしまっては大変ですからね。

はあ、それにしてもびっくりしました…

棚に頭を突っ込んでしまうことは以前から何度もあったのに、ちゃんと対策できていなかったことが悔しいです。

でも、すごく良い教訓になりました。

これからはるるちゃんの食器はご飯コーナーと違うるるちゃんの手が届かないところに収納します。

他にもるるちゃんにとって危険なところを見逃してしまっていないか、よく確認したいと思います!飼い主のじゃんなのでした。

©︎短足マンチカン、るるである。All Rights Reserved.