短足マンチカン、るるである。

アラフォー夫婦2人と猫1匹、はじめての猫暮らし。

新し物好きのるるちゃん。なぜかマットにだけは人見知りします。

リラックス中のるるちゃん

愛猫と暮らしてやりたい夢といえば、

  1. 縁側でお膝抱っこ
  2. 一緒のお布団で寝る

ですよね!

残念ながらるるちゃんは抱っこが嫌いだし、わがやには縁側もないのですが、一緒のお布団には寝てくれます。

飼い主のお布団で一緒に寝るるるちゃん

しかも、これまでは夫のお布団で寝ることが多かったのですが、今冬からはわたしのお布団でよく寝るようになりました。

夫の方が体温が高くて温かいのかなと思っていましたが、最近はわたしも筋トレを始めたことで体温が上がったのかしら?

嬉しい…感涙です。

ただ、ここで一つ問題が。

ベッドとベッドの間に敷いたマット2

実は、寝室の床はフローリングのままなので、
るるちゃんがベッドから床に降りる際に「ドンッ」という音がして、階下への騒音がちょっと気になっていたのです。

ベッドとベッドの間に敷いたマット1

ということで、るるちゃんがいつも降りることが多い、わたしと夫のベッドの間にマットを敷いてみました。

ベッドとベッドの間に敷いたマット3

0.5mmほどの厚さがある、塩化ビニル樹脂のふわふわした素材のマットです。

これなら十分防音対策ができそう!
…と、思っていたのですが…

新しいマットにビビるるるちゃん1

新しいマットにビビって逃げ腰のるるちゃん…w
そーっとベッドの下からのぞいています。

昨日の記事にも書きましたとおり、るるちゃんは新し物好きの好奇心旺盛なタイプではあるのですが、なぜかマットには最初ビビるんです。

筋トレ用のトレーニングマットや、洗面所とキッチンに敷いているマットも最初避けていました。

直接肉球に感触が伝わるから嫌なんですかね?
不思議です。

新しいマットにビビるるるちゃん3

しばらくすると、ベッドに腰掛けているわたしの横にやってきたるるちゃん。

マットを見つめています。

新しいマットにビビるるるちゃん4

お、降りるのかな?

どれくらい音が響かないんだろう?
楽しみです。

新しいマットにビビるるるちゃん5

え…あれ?るるちゃんそっちは… 

新しいマットにビビるるるちゃん6

ああー…
ほぼ真っ逆さまになってマットではなくフローリングへ降りちゃいましたw

まだ新しいマットに慣れるまで時間がかかりそうですね(汗)

ですが、マットを敷いたことで勢いよく降りることができず、フローリングへそろりと降りるようになったので、防音の面では成功したようですw

ちなみに、マットの存在が怖くて寝室に来なくなったらどうしようとヒヤヒヤしていたのですが、いつもどおりわたしのベッドで一緒に寝てくれています。

一緒のお布団で寝る夢が叶わなくなってしまっては本末転倒ですからね!

これで安心してるるちゃんと一緒に寝られます^^ 飼い主のじゃんなのでした。

©︎短足マンチカン、るるである。All Rights Reserved.