短足マンチカン、るるである。

アラフォー夫婦2人と猫1匹、はじめての猫暮らし。

二度寝していたら、愛猫が飼い主の顔に乗って添い寝してくれました(息苦しいw)

飼い主のベッドで寝るるるちゃん1

土日くらいゆっくり眠りたい!

最近は4時半頃からるるちゃんによる朝ご飯のおねだりが始まります。

枕元をウロウロしたり、か細い声で「にゅーん…」と鳴いたり。

朝起きるのが早い分、夜も早く寝ている飼い主じゃんではありますが、それでも4時半は早いよ…涙

お休みの今日こそは寝坊するぞ!

ということで、一度5時に起きてるるちゃんに朝ご飯をあげてすぐベッドに戻って眠りました。

すると、朝ご飯のあとはリビングでまったりすることの多いるるちゃんですが、わたしがいつもと違う行動をとっているからか、寝室でにゃーにゃー鳴いたり、水の入った食器を咥えて水をこぼしたりしている音が聞こえてきます。

なんという安眠妨害w
それでも今朝のわたしの意思は固いですよ。

頭まで布団をかぶって寝ていると…

飼い主のベッドで寝るるるちゃん2

なんと、るるちゃんが布団の上からわたしの頭の上に乗ってきましたw

(上の写真は布団から手だけ出して頭の上に乗っているるるちゃんを撮影したもの)

仰向けで寝ていましたので、顔にるるちゃん(3.5kg)が乗っている状態です。

息苦しすぎる…窒息する…
なんとか顔を横に向けて、わたしの右頬の上にるるちゃんが乗った状態で二度寝をしました。

とても辛い二度寝となりましたw

わたしは朝5時に起きなければならない運命なのですね。身を持って実感させられました。

るるちゃんが一緒のお布団に寝てくれるのは嬉しいけれど、顔に乗らないでほしいと思う、飼い主のじゃんなのでした。(もしかしてわたしを起こすためにわざと…?)

©︎短足マンチカン、るるである。All Rights Reserved.