短足マンチカン、るるである。

アラフォー夫婦2人と猫1匹、はじめての猫暮らし。

実は、今週わがやに預かり猫さんがやってくる予定でした。

横顔のるるちゃん

本日は、少し残念なお知らせになります。

実は先日、飼い主じゃんがボランティア参加している保護猫シェルターから、
ある猫さんを自宅で預かってくれないか?というご相談をいただいたのです。

いわゆる、預かりボランティアということになります。

※預かりボランティアとは?
保護された猫さんが里親さんにいくまでの間におうちで預かるボランティアのこと。

正直、二匹目については、夫の猫アレルギーや災害時の避難のことなどを考えて、具体的には検討していなかったわがや。

ですが、こうしてお話をいただいたのも何かの縁かなと思い、その猫さんの情報を細かく教えていただき、お預かりする準備を進めていました。

猫さんは、3歳くらいの女の子。
白血病、エイズは陰性。

人馴れしているマイペースな子で、
甘えん坊な反面、性格が荒く噛み癖もあり、なかなか里親さんが見つからないとのこと。

なんだかるるちゃんと性格が似ているなあと妙に親近感が沸きました^^

ソファ下に潜むるるちゃん

わがやのやんちゃ猫さん

実際に猫さんに会ってみて、
るるちゃんより体が大きいところがやや気になりましたが、女の子であればるるちゃんとの組み合わせも理論上は問題ないと考えて承諾し、今週お迎えする予定だったのですが…

直前でスタッフの方から「実はオスでした」と連絡が!

ええー?!

もちろん性格や相性にもよりますが、
理論上は成猫のオス同士は良くない組み合わせのため、飼い主じゃんは頭が真っ白に…

体の大きなオス猫さんの登場で、るるちゃんに過度のストレスがかかってしまうのでは?

相性の良くない猫さんとの同居で、るるちゃん、預かり猫さんともに体調不良や最悪病気にもつながってしまうのでは?

リスクはゼロではないと理解して承諾していたものの、それはメス猫さんだった場合のことで、オス猫さん同士の相性に関しては、わたしたちのような猫暮らしビギナーには心配や不安が大きすぎると考え、

今回は預かりをお断りさせていただきました。

新しい猫さんのケージ
新しい猫さんのトイレ、ご飯など
すでに準備済みのお迎えグッズ

預かり猫さんのご飯、トイレ、ケージ、健康管理のToDoリストなんかも用意していたので、残念すぎます(涙)

「るるちゃんや預かり猫さん、一匹一匹のことを大事に思うからこその決断だ」と思ったり、

「里親になるわけではないのに、神経質すぎでは?」
「預かり猫さんが家猫さんになるチャンスをつぶしてしまったのでは?」と思ったり、

散々悩みに悩み抜いて導き出した今回の決断ではありますが、今も心がモヤモヤしている、飼い主のじゃんなのでした…

(ちなみに、団体からは誤った情報を伝えて迷惑をかけてしまったと謝罪をいただいていますし、もちろん団体のことを悪く言いたいわけではありません。こういう出来事があったという情報シェアとして今回の記事を捉えていただければと思います。)

©︎短足マンチカン、るるである。All Rights Reserved.